*

「陰」と「陽」の考え方

公開日: : 薬膳マイスター養成講座

自然界のリズムや人の体の機能を「陰」と「陽」の2つにわける考え方「陰陽論」を学習します。

「陽」の特徴は、明るく暖かく、活発な感じで、上昇的、外交的、運動的です。
「陰」の特徴は、暗く冷たく、従って下降的、内向的、静止的と捉えられます。

1年で考えると、春分から秋分までが「陽」の気、秋分から春分までが「陰」の気。
明るい夏は「陽」、暗くなるのが早い冬は「陰」で、わかりやすいですね。
昼は「陽」、夜は「陰」といった感じで、自然界すべてのものに陰陽の性質があると考えます。

人体にも当てはめられ、治療の目安になっています。
「気」は人の生命エネルギーなので活動的=「陽」(陽気)
「血」「水」は気より静止的=「陰」(陰気)

人の体の部位も、上部が「陽」下部が「陰」、表面が「陽」体内が「陰」などに分けられます。一覧表があってわかりやすいです。

顔色が赤く、暑がり、良くしゃべる、便秘がち、などは「陽証」タイプの人。
顔色が青白く、体が重くてだるい、あまりしゃべらない、難便などは「陰証」タイプの人と「証」によっても分けられます。

これら「陰陽」のバランスがとれていれば健康、バランスが崩れていればいわゆる未病状態という事になるそうです。

バランスの崩れを食事で改善していこうというのが「薬膳」(和漢膳)。
陽が不足していれば「陽」を補い、陰が不足していれば「陰」を補う。
これらの「証」の見極め方は、第3回で詳しく学習できます。

気持ちがハイになったり落ち込んだりも「陰陽」なんですね。思いっきり泣いてすっきりしたり、人間にはもともとバランスをとろうとする能力があるのかもしれません。これを知って日常に活かし、食事に「陰陽」のバランスをとる薬膳ができれば、自分や家族の心と体の健康に強い味方になるな、なんて思いました。


一緒に健康になりましょう!
★薬膳の資格を取ろう!【薬膳マイスター養成講座】


関連記事

no image

教材来ました

教材きました!テキストが1~4まで。 DVDが2つ。 ガイドブック。 指導課題集。 薬膳レシピ集

記事を読む

no image

「気・血・水」

生命を維持するために全身をめぐる気・血・水の話です。 気とは「生命を支える原動力となるエネルギー」

記事を読む

no image

薬膳の魅力

「薬膳」と聞いて最初に思ったのが 「生薬の料理?」 だったんですが、特別な食材でなくても、組み合

記事を読む

no image

東洋医学と西洋医学の違い

東洋医学と西洋医学はそれぞれのよさがあるけれど、長期的に体全体を診るなら東洋医学かなって思いで、ここ

記事を読む

食材・生薬の性質の覚え方!?

第2回に入って性味(食材と生薬の性質)についての学習がはじまりました。ワクワクと楽しみにしていたので

記事を読む

no image

薬膳マイスター養成講座を受けるまでの葛藤

子育てが少し落ち着き、手術などもして体調が悪かったのもぼちぼち治ってきたので、週に3回パートに出るよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

母の日2018

久々の投稿ですね。 今日は母の日。子どもたちからのプレゼントは、

楽天モバイル、Android復活~

楽天モバイル今日開通~! iPhone5のバッテリーが怪しくなっ

no image
ゆうぢ初給料

今日はゆうぢが社会人になって初めてのお給料日。 就労移行支援なので、

醸しにすと認定証書来たよ~

頼まれたバーベキュー用のお肉を、作りたて旨塩麹につけてたら…郵

第4回醸しにすと資格認定基準合格

少し遅くなりましたが…第4回課題帰ってきました。 資格認定基準合

→もっと見る

PAGE TOP ↑